業務特化型AIが切り拓く、新しい未来

2024.05.14

生成AIの現状

 

AIの進化は驚異的ですが、その種類の多さ、複雑さに対処するのもまた容易ではありません。

 

各企業はAIの有用性に気づいていますが、活用するためには専門知識が必要です。2022年以降、生成AIは市場を席巻し、さまざまな企業がその利用を検討しています。

 

ただし、AIの利用可能な環境を提供しているメーカーが存在する一方で、実際に生成AIを導入し、活用している企業はまだ限られているのが現状です。

 

特化型AIとは

特化型AIは、特定の仕事や課題を解決するために開発された人工知能の一種です。

特化型AIは「弱いAI」「狭いAI」とも呼ばれ、特殊化により、特定の機能を驚くべき精度と効率で実行できるようになります。

 

特化型AIの典型的な例は、電子メール サービスのスパム フィルターです。スパムメールを識別して除外するという1つのことを実行するようにプログラムされています。

 

この集中的な能力が、特化型AIの特徴です。Siri や Alexa などの音声認識システム、Netflix や Amazon などのプラットフォーム上の推奨アルゴリズム、さらには運転のみを目的としてプログラムされた自動運転も特化型AIの代表的な事例です。

 

特化型AIは一般的なAIと比べると、応用範囲が狭いですが、その分野、限られた業務での性能が非常に高いのが特徴です。

 

業務特化型AIの強みとは

業務特化型AIを導入することによるメリットは、大きく4つあります。

1.作業スピードと正確性がアップ!

業務特化型AIは、まるで業務の専門家が高速で作業しているようにスピーディーで正確にタスクを完了させることが出来ます。

 

2.人間を超える精度で、ミスを大幅に削減!

業務特化型AIは、特定の業務タスクにおいて、人間の能力を超える精度を実現します。製品の検査で活用される業務特化型AIは、製品の細部までくまなくチェックし、人間の目では見逃してしまう小さな傷や欠陥も見逃しません。

 

3.業務の幅をどんどん広げて、新しいビジネスも可能に!

AI技術の進化により、特化型AIはさらに多様な業務へと拡張可能です。購買行動分析に活用される特化型AIであれば、消費者のリアルタイムの行動を分析し、個々にあわせた最適な商品提案が可能です。

 

4.膨大なデータを分析し、賢い提案で生産管理、マネジメントをサポート!

データに基づいたアプローチを取る業務特化型AIは、膨大なデータを分析し、数字で判断することで、人間の能力を超える精度を実現します。

 

 

業務特化型AIがもたらす驚きの成果!

業務特化型AIの導入により、成果を上げている企業の事例をいくつか紹介します。特化型AIが実業務でどのように活用され、組織の目標達成にどのように貢献しているかをご確認ください。

業務特化型AIを活用した成功事例

1.     業務特化型AIが火災保険金査定業務を効率化

InfoDeliverによって開発されたAI保険金算定システムは、特に広域自然災害が発生した際の火災保険金査定業務の効率化に革命をもたらしました。

 

災害発生後の損害査定を迅速かつ正確に行うために設計されており、様々な修理業者から提出される多種多様な見積書をAIが自動で統一します。

 

 

損害保険会社の事例

対象業務 ・査定業務

・見積書の作成

課題 ・紙業務による業務のブラックボックス

・高額な紙や配送コスト

・非効率的な配送時間

・セキュリティリスクの増大

効果 ・見積書の自動化

・査定プロセスの簡素化

・保険金支払いの迅速化

・作業効率化

・顧客満足度の向上

 

この火災保険金査定業務に特化したAIは、見積書の自動統一から支払い案内の生成まで、複数の段階を自動化しています。査定プロセスの簡素化により、保険会社の作業時間が大幅に短縮され、事故発生から保険金支払いまでの時間を削減しています。

 

業務特化型AIによる自動査定は、査定結果の一貫性を保ちながら、不正請求のリスクも低減。見積書の誤読や漏れを自動で検出し、鑑定人の手作業によるミスを防ぎます。

 

従来、保険の査定業務では手作業が非効率的でした。新しいシステムの導入により、手作業の必要性が大幅に減り、保険金査定が速くなりました。

 

業務特化型AIの活用により作業効率と正確さが向上し、顧客サービスの質も向上しました。被災者への支払いが迅速に行われるため、保険会社の信頼性が高まり、顧客の満足度も向上しています。

 

2.    ペット保険金査定業務における特化型AIの事例

 

保険業界における業務特化型AIの導入事例は人間向けだけではなく、ペット保険の保険金査定業務にも導入が進んでいます。

 

人間同様に業務特化型AIを使った査定業務が普及され、過去の治療情報を効率的に確認し、保険請求の対象の特定が可能です。また、業務特化型AIはペットの医療記録を解析し、治療内容や費用を抽出し、公正な査定にも活用されています。

 

事例➀:過去の治療履歴の自動読み取り

業務特化型AIが、膨大な治療履歴書を読み取り、必要な情報を自動的に抽出します。

 

事例②:保険請求対象の項目の判断・適正な保険金の算出

業務特化型AIは、治療内容や費用などを分析します。保険請求対象となる項目を正確に判断し、適正な保険金を算出します。

 

事例③:ペットの健康状態の分析

過去の治療履歴や疾患の履歴を分析してペットの健康状態を把握し、年齢やライフスタイルなどを加味して分析することで最適な保険プランを提案します。

 

ペットケア市場では、成長と共に健康予測に対する重要性が高まり、健康に対する投資ニーズが高まっています。

 

ペットの健康予測に業務特化型AIを活用することで、従来の予測手法に比べて、より広い範囲での疾患予測や保険契約の価格設定の精度向上が期待されるでしょう。

3.    医療分野における業務特化型AIの事例

 

事例➀:大手医療機関におけるMRI画像診断業務へのAIの導入

 

ある大手医療機関では、業務特化型AIを用いてMRI画像から微細な異常を識別するシステムを導入しました。従来の方法に比べて診断の正確性を20%向上させ、診断にかかる時間も大幅に短縮しました。

 

事例②:創薬企業における業務特化型AIを活用した新薬開発

 

ある創薬企業では、業務特化型AIを活用して新薬候補物質のスクリーニングと最適化を行っています。従来の方法に比べて、業務特化型AIは高精度の新薬候補物質を特定でき、新薬開発の効率化に大きく貢献しています。

 

事例③:医療機器メーカーにおける手術支援ロボットの開発

 

ある医療機器メーカーでは、業務特化型AIを活用した手術支援ロボットを開発しています。このロボットは、AIによる画像分析と機械学習により、医師の手術をより安全で精密に行うことを可能にします。

 

事例④:汗センサーを用いた糖尿病の早期発見

 

 

医療研究では、汗から血糖値やその他の生化学的指標を測定できる汗センサーを開発しています。この業務特化型AIは、糖尿病などの状態を早期に発見し、治療介入を迅速に行うのに役立ちます。

 

 

4.    小売業における業務特化型AIの事例

 

事例➀:機械学習による予測

AIの機械学習は、顧客の行動を理解し、需要を予測し、個々の顧客に合わせたマーケティングを提供します。

小売業者は顧客のニーズを先読みし、適切な商品を適切な時期に提供でき、顧客満足度も向上します。

 

事例②:顧客との対話を強化するための自然言語処理

AIの自然言語処理は、買い物客との対話をよりスムーズにします。チャットボットや音声アシスタントを通じてサポートを提供することで、顧客は、人間の会話とおなじように対話し、よりスムーズなショッピング体験ができます。

 

事例③:在庫管理と店舗管理

AIのコンピュータビジョン技術は、在庫管理と店内の効率を向上させます。

カメラやセンサーを使って、小売業者はリアルタイムで在庫を監視し、店内の動向を把握し、より効果的な店舗運営を実現します。

業務特化型AIを導入する際の注意点とチャレンジ

業務特化型AIを使う際は、いくつかの注意点があります。

 

注意点➀:データの質と整合性

AIの性能は、学習に使用されるデータに大きく左右されます。不正確なデータや偏りのあるデータで学習すると、AIの判断が誤ってしまう可能性があります。そのため、AI導入前にデータの質と整合性をしっかりと確認することが重要です。

 

注意点②:システム統合の複雑さ

既存のシステムと業務特化型AIシステムを連携させるには、技術的に難易度の高い作業が必要です。特に、古いシステムとの連携は、互換性の問題などにより、大きな課題となることがあります。AI導入前に、システム統合に必要な技術的な要件をしっかりと把握し、対策することが重要です。

 

注意点③:専門人材の必要性

業務特化型AIシステムの運用とメンテナンスには、高度な技術的知識が必要です。業務特化型AIを導入した後も、システムを適切に運用するためには、専門家による継続的なサポートが必要です。

 

注意点④:倫理的および法的問題

業務特化型AIの使用は、個人のプライバシーやデータのセキュリティなど、様々な倫理的および法的な問題を引き起こす可能性があります。組織は、適切なガイドラインや規制を順守し、リスクを最小限に抑えるための適切な対策が求められます。

 

注意点⑤:データセキュリティと個人情報保護

業務特化型AIを導入する際には、個人データの保護を確保するために十分なセキュリティ措置が必要です。データ漏洩やセキュリティ侵害を防ぐために、組織はデータの暗号化、アクセス制御、継続的なセキュリティ評価などの措置を講じる必要があります。

業務特化型AIはビジネスの未来を拓くパートナーシップ

業務特化型AIはビジネスの未来を切り拓くパートナーです。COMITXの業務特化型AIは、20年以上のBPO経験で培った業務のノウハウを活かし、お客様の問題をしっかりと理解することで、効果的なソリューションを提供します。

 

COMITXは、お客様のビジネスの成長を一緒に支え、未来への道を切り拓くパートナーです。私たちと一緒に、AIの力を最大限に発揮し、ビジネスの競争力を高めてまいります。