ビッグデータ活用でコスト削減! 無駄を省いて成果を上げる方法とは

2022.08.15

著者プロフィール

范 蘭芳(はん らんほう)

株式会社InfoDeliver 取締役
COMITX事業ユニット CEO

常に「最⼩コスト」の精神と「Day1(初⼼)」の⼼構えで、将来を⾒据えたお客様のための価値創造と⾃らの進化に挑んでいきます。

 

 

今、ビジネスの現場で注目されているのが、ビッグデータの活用についてです。

業務成果を最大化できる可能性を秘めているビッグデータですが、これを活用する際にはデメリットもあることを頭に入れておきましょう。

ビッグデータ活用のメリットとデメリットとともに、ビッグデータを活用してコスト削減を目指す方法について解説していきます。

本コラムを参考にして、ビッグデータに関する知識を深めてみてください。

 

目 次

  • ビッグデータ活用のメリットとデメリット
  • ビッグデータ活用でコスト削減する方法とは
  • ビッグデータの活用で業務成果を最大化
  • まとめ

 

ビッグデータ活用のメリットとデメリット

 

ビジネスの現場に変革をもたらしたビッグデータ。

これまで企業は、過去のデータの一部を分析し、統計を取って未来予測に役立ててきました。

しかし、取得できるデータ量に限りがあるなかでは、「統計から導き出した予測と現実の間にギャップが生じやすい」というデメリットが存在していました。

 

しかしITテクノロジーの進化により、ビッグデータを活用できるようになった今、これまでとは比較にならないほどの規模の量の情報を取得できるようになっています。

こうしたデータをもとに導き出される統計予測は、以前とは比較にならないほど、高精度なものとなっています。

世界中の人々が、どんな商品に興味を示し、どんな行動を取っているのかを絶えず追跡し、それらを集積しているのがビッグデータであり、そのデータを分析することは、言うまでもなく企業にとって下記のような非常に大きなメリットを生み出します。

 

・顧客が抱いている不満をすくいあげられる

・市場がどんな商品を求めているのか、潜在的なニーズを探れる

・ユーザーニーズに合わせたマーケティング手法を選択できる

・特定の行動の裏に、どんな影響が隠されているのかを分析できる

・特定の行動を取った消費者が、次にどういう行動を取るのかを予測できる

 

ビッグデータを活用すれば、より効率的な経営が可能になるかもしれません。

データの分析をもとにして、より正確な未来予測を可能にすれば、無駄の削減や他社との差別化につなげていけます。

 

一方で、ビッグデータも万能ではありません。

ビッグデータを活用しようとするときに、覚えておくべきデメリットやリスクは以下のとおりです。

 

・プライバシー侵害の恐れがある

・膨大なデータを管理する手間が発生する

・統計や分析を担う人材が必要になる

 

自分に関するあらゆる情報を取得されることに対して、不安や嫌悪感など、ネガティブな感情を抱くユーザーは決して少なくないでしょう。

またビッグデータは、分析して初めて意味を成すものです。

 

データの有効性が世間一般に知られるようになるにつれて、データ収集・分析分野のプロフェッショナルのニーズは、急激に上昇してきています。

社内に分析できる人材がいなければ、たとえビッグデータを収集できる環境にあっても、そのデータを十分に活用できない可能性が指摘されています。

 

ビッグデータ活用でコスト削減する方法とは

 

 

ビッグデータをうまく活用し、業務プロセスを最適化できれば、コスト削減につなげられます。

具体的な例は、以下のとおりです。

 

・天候から商品の販売量を予測し、無駄のない仕入れを行う

・混雑する店舗や時間帯を細かく分析することで、スタッフの配置を最適化し、人件費を削減する

・ビッグデータをもとに品質管理のポイントを分析し、一点集中型の検査体制によってコストダウンを図る

・今後の天候を予測し、農業における被害を抑えるための対策をする

 

ビッグデータを活用してコスト削減を目指すためには、目的をもってデータを収集し、客観的な視点で分析する必要があります。

どの分野でコスト削減を狙うのか、目的を明確にした上で、データ収集・分析を進めていきましょう。

自社の状況に合った活用を目指すことが重要です。

 

 

ビッグデータの活用で業務成果を最大化

 

ビッグデータをうまく活用できれば、業務成果の最大化にもつなげられます。

ビジネスを巡るさまざまな変化から、業務効率化の必要性は年々増してきています。

問題は「どう効率化を進めるのか」という点ですが、ビッグデータの活用は、その解決策の一つと言って良いでしょう。

 

ビッグデータのうまい活用を目指すなら、COMITXの導入をぜひ検討してみてください。

業務効率化を進めつつ、それぞれの企業や分野に合った形で、ビッグデータのうまい活用を目指していけます。

 

まとめ

 

ビッグデータから得られる情報は、多岐にわたります。

うまく活用できれば、コスト削減や業務効率化・売上アップ・生産性向上など、さまざまなメリットを実感できるでしょう。

とはいえ、ビッグデータにもデメリットはあります。

自社の目的に合った形で分析できなければ、ビッグデータはただの大量のデータにすぎません。

ビッグデータの有用性を知った上で、それを活用できる環境整備を目指してみてください。

株式会社InfoDeliverが運営するCOMITXでは、業務効率化に向けたさまざまなお手伝いが可能です。

ビッグデータを一層活用し業務成果を最大化するためにも、ぜひご利用をご検討ください。