AI-OCR導入効果が高い業種は?大きな業務改善を果たした事例を紹介

2021.05.28

著者プロフィール

范 蘭芳(はん らんほう)

株式会社InfoDeliver 取締役
COMITX事業ユニット CEO

常に「最⼩コスト」の精神と「Day1(初⼼)」の⼼構えで、将来を⾒据えたお客様のための価値創造と⾃らの進化に挑んでいきます。

 

 

業務効率アップのため、注目されているのがAIOCR(AIデータエントリー)です。

「まだ導入には至っていないものの、気になっている」という方も多いのではないでしょうか。

AI-OCRの導入で、高い効果が見込めるのはどのような業務・業種なのか、わかりやすく解説していきます。

業務改善事例も紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目 次

  • 今AI-OCRが求められる理由/OCRとの違いは
  • 導入により業務効率の向上が見込める業種
  • 業務改善事例の紹介
  • まとめ

 

今AI-OCRが求められる理由/OCRとの違いは

 

今の世の中でAI-OCRが求められる理由は、以下のとおりです。

 

・人手不足を解消したい

・働き方改革に対応したい

・データエントリーに関する悩み(時間がかかる・ミスが多い等)を解決したい

・リモートワークに対応するため、社内のペーパーレス化を推進したい

 

人手不足は、これからの日本企業が避けて通れない非常に大きな問題です。

「どう人手を確保するのか?」はもちろん「確保した労働力をどう使うのか?」についても、積極的に検討していかなければならないでしょう。

一方で、働き方改革への対応も必要です。

そのための鍵となるのが業務効率の改善であり、AI-OCRの導入です。

 

またリモートワークの必要性が増している今、書類のデータ化を急ピッチで進める企業も増えてきています。

仕事に必要な書類をデータ化すれば、オンライン上で検索可能になります。

こちらも、業務効率の改善につながるでしょう。

 

画像から文字情報を認識するOCRは、決して新しい技術ではありません。

ただ、OCRにAIを組み合わせたことで、その性能は格段に向上しました。

 

・文字情報の認識率上昇

非定型帳票にも対応可能

・RPAやその他のシステムとの連携が可能

 

これらの特徴は、従来のOCRにはないものでした。

AI-OCRによる対応可能な活用シーンが増えたため、導入する企業の数も増加してきています。

 

 

導入により業務効率の向上が見込める業種

 

 

では、どのような業種がAI-OCRの導入を積極的に検討するとよいのでしょうか。

業務効率の向上が見込める業種は以下のとおりです。

 

★保険業

申込書や契約書などの紙ベースで扱う情報が多い保険業は、AI-OCRの導入で業務の効率化を進めやすい業種です。

AI-OCRの導入によってデータエントリーを自動化できれば、人件費だけでなくミスの削減にもつながるでしょう。

申込書や契約書の情報をデータ化すれば、オンライン上で内容を確認したり、顧客とやりとりすることも可能です。

 

★金融業

 

保険業と同じく、金融業も大量の情報を紙ベースで保存しがちです。

顧客情報を含め大量のデータを入力する際には、AI-OCRを導入するのがおすすめです。

 

★自動車関連業

自動車や各種部品の注文や査定に関する書類も、AI-OCRで効率よくデータ化できます。

多くの工場・店舗で情報を共有したいときでも、オンライン上で業務を完結させられるようになります。

 

AI-OCRの導入によって業務の効率化を目指せるのは、普段から大量のデータ入力業務が発生している業種です。

また、大量の紙ベース業務を抱えていて、その改善を目指す業種にもおすすめできます。

自社の特徴がこれらに当てはまっているのであれば、ぜひAI-OCRの導入を積極的に検討してみてはいかがでしょうか。

 

業務改善事例の紹介

AI-OCRの導入によって、業務が改善した企業の例を紹介します。

 

★製造業A社

 

製造業A社では、大量の注文を紙ベースで受け付けていました。

過去の販売データも紙ベースで保存。

データ管理と過去の情報検索に課題を抱えていたところに、AI-OCRを導入しました。

過去の受注状況をデータ化することで、さまざまなデータと合わせて一元管理できるようになりました。

従業員の負担軽減と共に、注文・販売に関する業務の改善につなげられました。

 

★保険業B社

 

これまでは紙ベースで保存していた契約書をAI-OCRでデータ化しました。

これにより、在宅ワーク中も必要なデータをオンライン上で確認できる環境を実現。

コストの削減にもつながりました。

契約書の情報をデータ化することで、不備があった場合の確認も容易になりました。

契約業務を滞りなく進めていくためにも、AI-OCRが活躍しています。

 

まとめ

 

AI-OCR(AIデータエントリー)の活用によって、業務改善効果が見込める業種は多岐にわたります。

社内業務にうまくマッチすることができたら、社員の負担軽減・各種コストの削減にもつなげていけるでしょう。

AI-OCRの導入で得られるメリットは、実際に導入してみなければ分かりにくいという特徴があります。

このため、導入をためらう企業も少なくないのが現実です。

 

株式会社InfoDeliverは、デジタルBPOソリューション「COMITX」の中で、AIデータエントリーを提供しています。

COMITXの導入時に、イニシャルコストは発生しません。

従量課金型で「使った分だけ費用が発生する」という仕組みを採用しておりますので、AIデータエントリーについても、導入しやすい環境が整っています。

是非一度お問い合わせください。